ロンドンバス貯金箱

ロンドンで購入したキャラメルの缶は貯金箱であった。

 f:id:taamori1229:20200123141957j:plain

購入したのは一昨年前のことである。間もなく2年経過というところで、貯金箱が満杯となった。

 f:id:taamori1229:20200123142157j:plain

すべて500円硬貨。

さっそく数えてみる。

 f:id:taamori1229:20200123142300j:plain

400枚と4枚、20万円とんで2千円。202000。

2020年にふさわしい幕開けとなった。

深夜オフィスの怪

先日、仕事上のトラブルの対応で、オフィスで夜を明かした。たった一人で。


 f:id:taamori1229:20191221130522j:plain


深夜のオフィスは昼間の喧騒とはうって変わってしーんと静まり返っている。電話もならなければ、話し声一つ聞こえない。

このオフィスビルには喫煙所は1階にしかない。私がいるのは高層階にいるのでときどきエレベーターで降りて行かないといけない。その日はエレベーターでも喫煙所でも誰ともすれ違わなかった。ひょっとすると今この時、このオフィスビルには私は一人しかないのかも、と思う。

深夜の3時を少し回ったころのことである。喫煙所でタバコを吸って席にもどろうとしたのだが、1階まで降りてきたついでにトイレに行ってみようと思った。1階には大きなレストランがあってその入り口に確かトイレがあったことを思い出したからだ。

レストランフロアを見るとそこは薄暗く誰もいない。トイレへと向かって足を踏み入れた途端、動きを検知してトイレの蛍光灯が点灯した。中に入る。シーンとしている。そこで大用の個室を見る。5つ並んだ個室の扉はすべてしまっている。個室の前を歩いて鍵を見て驚いた。5つの個室の鍵はすべて赤色、つまりすべて使用中だったのだ。

しかし、何の物音もしない。人のいる気配も感じない。私は思わず咳払いしてみる。それでも反応はない。偶然こういうこともあるのか、と私は小用を達しながら考えていたが、突然大事なことを忘れていたことに気が付いた。

私がここに入るついさっきまでここは真っ暗だったはずだ・・・

私は背筋が凍りつくような寒気を感じてトイレを飛び出した。自分の席に駆け戻ると荷物をまとめて逃げるようにしてオフィスを後にした。

おてんばジュリエット

赤いスウェットに着替えて
バルコニーから抜け出すの
遠い街の灯が私を呼んでるわ

息が詰まるよなパーティ
おしゃれな会話にもうんざり
新しい風をいつも感じていたい

わたし、おてんばジュリエット
重いドレスを脱ぎ捨てて

自由のつばさをひろげて
気ままに生きてゆきたい
なんでも自分の目で確かめて


誰かに敷かれたレールで
運ばれていくのはいやよ
自分で決めるの

わたしは夜も飛び越える
おてんばジュリエット


今頃ママはあわててる
パパは行方を捜してる
大丈夫よ、心配しないで

素直なよい子でいるより
素敵なレディになりたい
ほんのちょっぴり冒険したいの

わたし、おてんばジュリエット
ガラスの靴も脱ぎ捨てて

星降る夜の砂浜を

裸足で駆け出したいのよ
未来が私を待っている予感

誰かが書いたシナリオに
流されていくのはいやよ
自分で決めるの

わたしは夜も飛び越える
おてんばジュリエット

無性に腹立たしい。

この案内をみて無性に腹立たしさを禁じ得なかった。

f:id:taamori1229:20191031062101p:plain

どこがか。

期間が2年間しかないことか?

違う。


女子だけが優遇されているからか?

違う。

支給額が3万円と小さいことか?

全然、違う。


「支援」という名目で額が3万円という点だ。私の学生時代のアパート代が2万円だったからだ。ある年、大家がこれを2万1千円に値上げすると言い出し、文句を言って2万5百円にしてもらったことを思い出したからだ。

 

毒入り菓子殺人事件(その2)

ただちに警察は殺人事件と断定し、捜査が開始された。警察はまず郵送された菓子の出所を追った。

f:id:taamori1229:20191024061555j:plain

問題の菓子は池袋のデパートで販売されたものだった。郵送した場所は豊島区の郵便局窓口だった。対応した局員によると野球帽をかぶった小太りの中年男性だったという。犯人は被害者がこの菓子が大好物で週に2,3回は食べていたことを知っていた人物ということになる。

そして郵送を依頼した人物は、窓口での行動も不審だった。野球帽や半そでの青いポロシャツという目立つ格好もそうだが、自分の名前や住所を書く際にあえて左手を使ったり、住所を書くのを拒んだり普通でない行動をしている。悪事に慣れていないのか、あえて捜査を攪乱する目的なのかはわからない。


被害者の周辺についても事情が明らかになってきた。この中華料理店は経営していた父親が二年前病気で倒れ、兄弟二人で経営を受け継いだものらしい。兄弟とは被害者とその弟である。となると、私たちがみたあの若い男は被害者の弟だったのだろうか。親密さからは確かに兄弟のようにも見えないことはなかったが、風貌はまったく似ておらず正反対のタイプとも言えるほどだった。それに記事によると被害者は44歳、弟は42歳ということだが、若い男はそれよりももっと若く見えた。

私たちがみたあの若い男の正体はいったい誰だったのだろうか。